まろブログ

書籍×アイドル×Youtuber×ライフハック×うつ病 この5つのことを書きます。

「乃木坂に、越されました」で語られなかったAKBが人気落ちた理由

f:id:marokoron:20210723114618j:plain


AKB48「乃木坂に、越されました」を観た。

 

アンチAKBの代表格である

2ch創始者ひろゆき*1とともに

AKB48の人気を回復させるという異色の番組。

 

そんでこの番組の目的は乃木坂46の人気を追い越すということ。

  

www.tv-tokyo.co.jp

 

感想は色々あるが、

この記事ではAKB48がなぜ終わったのか、落ち目になったのか、なぜ人気が落ちたのかといった

この番組で問いていた問題について語りたい。

 

なんか番組によると「AKBが戦わなくなった」だとか、「自分たちがオリメンじゃないから」とか、「身近になりすぎたから」とかとか。

 

いやいやそんなんじゃないって!!

もっとAKBの人気を落とした理由があるだろ。

 

テレビじゃだれも本当のこと言わないんだけど

そのことについて話したい。

 

 

AKB48の勢いが落ちた理由

 

思うに本当の理由はこの2つだ。

  1. テレビ出演、特に地上波でのレギュラー番組が無くなった。
  2. NGT48事件

 

特に2は深刻で

これでAKBグループ(AKBG)が終わったと言っても過言ではない。

 

 

これ僕の発言だけど

同じようなこと思ってる人は他にもいる。

 

 

 

そんで一つひとつ解説していきたい。 

 

 

1. テレビ出演、特に地上波でのレギュラー番組が無くなった。

 

この AKB48 乃木超え が始まるまでキー局のレギュラーは0。

最後の最後にあった冠番組AKBINGOというものだ。

2008年から続く長寿番組であったが、2019年に消滅した。

 

他にも個人的にはめちゃくちゃ好きだった有吉AKB とか

金曜の夕方にあった週刊AKBだとか

ましてや、AKBのゴールデン冠番組なるほどハイスクールとかとか。

 

その面影もなく

いまじゃ「AKB48の逆襲 乃木坂に、越されました」が始まるまでは地上波ゼロ

 

 

AKBグループ、坂道グループといった秋元康プロデュースのところはテレビ関係の仕事が本当に強い。

 

例えば、乃木坂46はデビューしてすぐに冠番組乃木坂って、どこ?」を手に入れたり、

AKBの大阪支店グループ NMB48は「スター姫さがし太郎」という番組でオーディション特集をされていたり。

 

秋元Pのコネだか何だかしらないが、普通のアイドルや人が到底たどり着けないところにすっと入り込んで来る。

そしてテレビによく出ているせいか、アイドル自身もテレビ慣れしていって、他の番組でも使われるようになる好循環。

 

そしてテレビはたちまちAKBだとか坂道とかに支配されていく。

 

このことは地方にいるオタクとか学生とかの

ライブに行けないor行かない人にはすごく効果的

 

対してハロプロ (ハロープロジェクト) やももクロ (ももいろクローバーZ)、今勢いのあるBiSHって

ライブやコンサートに行ってのもん。

 

ライブ、コンサートはめちゃくちゃ熱いものがあるが、

テレビとなると弱い。

 

というわけでこういった、ライブ重視アイドルは現場に行けば楽しい。

逆にいうと現場に行かないと、ファンを続けることは難しめなんだよね。

  

ということで、AKBはライブよりもテレビに特化したアイドルだった。

だからこそ総選挙が注目されたり、

ライブに行かないようなライトファンも増えて行った。

 

それがまさかの地上波冠番組終了ということで

良さが全く伝わらなくなってしまった。

 

僕みたいなアイドルオタクでも

今AKBは何をやっているのか?、誰がいるのか?よくわからない。

 

昔みたいにテレビで目にする機会が多ければわかるかもしれないのに。

 

じゃあなんで地上波に出られなくなったのか。

乃木坂の台頭だとかあるけど、

一番の問題はNGT48の事件だろう。

 

 

 

2. NGT48事件

2018年12月に起きたNGT48のメンバーである山口真帆が、男性2名に自宅に押しかけられ暴行を受けた事件

NGT48メンバーに対する暴行事件 - エケペディア

  

NGT48のあるメンバーが男の人らから暴行を受けたという事件。

これだけでもひどい事件だが更に闇が深い。

 

主犯者らは他のNGTメンバーとつながりがあったという話。

なぜか暴行を受けた被害者が謝罪する。

報道した文春がNGT48は無実とかばったり。

 

知れば知るほど気味が悪くなる事件である。

 

この影響でAKB48というグループの印象はすごく悪くなっていった。

 

2018年12月発生したNGT48の事件、

そして、最後の冠番組 AKBINGOは2019/9/24 最終回である。

 

AKBのテレビ番組を終わらせたのに

NGTの事件が関与しているといってもおかしくはないだろう。

 

またこの事件が発覚した年、2019年から総選挙を行わなくなった。

事件をもみ消したいがどうか知らんけど。

 

とここまでメチャクチャに言ったがこういう意見もあると思う。

 

「なんだよ、乃木坂だって秋元康グループの一部だろ!!」

 

確かに乃木坂も秋元康軍団の一員だ。

 

ただAKB48は、他の姉妹グループ(SKE48NMB48HKT48、NGT48、STU48)と密な関係をとっている。

 

AKBのCDには必ず他の姉妹グループの人がいるし、

AKBの握手会にも支店グループの人が呼び出されるし。

 

だからAKBというのは他のアルファベット3文字 グループと運命共同体なんだよ。

 

そんなんでNGTの評判が悪くなればなるほど

AKBの評判も落ちていく。

 

こういう自体にならないためにも、

早く膿を出したほうが良かったのにね。

 

 

 

かつてNGT48を歓迎していた新潟県

 

ちなみに僕は新潟で行われた2016年の総選挙に行ったことがある。

総選挙の日、新幹線から降りるとこんな看板を目にした。

 

f:id:marokoron:20210716130054j:image

 

この日のために、丁寧な看板までしてくれて。

NGT48が新潟を救ってくれると本気で思っていたんだなって。

 

駅から結構歩いた先のECOスタジアムという場所で総選挙が行われた。

 

新潟県の片隅にこんな広い会場も取って。

そこにいろんな人が集まって。

いろいろなドラマがあって、

 

f:id:marokoron:20210723003030j:plain


 

今頃NGTを応援していた人たちや新潟県はどうなってしまったんだろうか。

みんな別々の場所に散ってしまったんだろうか。

 

ということで乃木越えの感想に書く前に

AKBが人気落ちた理由や思いについて語った次第。

*1:

ひろゆき氏に関してはこちらの記事も見てほしい。

marokoron.hatenablog.com